2007年01月13日

horilog的観戦記−埼玉栄vs川越南

■MATCH-1■
埼玉県高校サッカー新人大会 県中央リーグ B組 第3節
埼玉栄高等学校 3−0 川越南高等学校
会場:西武台高校第2グラウンド


埼玉栄vs川越南@

選手権が終わってからまだわずがだが、新チームの戦いは既に始まっています。
今日は弟の試合を見に行きました。

対戦相手は川越南。
グループの中でも最下位のチームに勝ち点3は是が非でも取りたい。
弟は今日も左SBでスタメン出場。

試合は埼玉栄が試合を支配し、サイド攻撃から得点を奪う。
川越南はゴール前まで運ぶが最後のところで精度が合わない。
後半にも埼玉栄は2点を追加して3−0で勝利。

この結果、西武台、市立浦和を押さえて首位で予選リーグを終えた。

埼玉栄vs川越南A

埼玉栄は非常に一人一人の技術が高い印象を受けた。
野洲高校の「セクシーフットボール」を彷彿とさせるようなプレー。
そしてサイドからの分厚い攻撃は脅威でした。

対する川越南はフィジカルの強い印象。
しかし、技術がそれに伴っていないので最後の所の精度が悪かった。

弟は結局フル出場。
しかも終了間際には右SBのクロスを頭で合わせて3点目を挙げた。
初めて弟のゴールを見ました(笑)

新人戦もこれからが本番。
強豪と呼ばれる浦和東、武南を倒さない限り優勝はない。
優勝すればプリンスにも出れる。両チームとも頑張ってほしい。

埼玉栄vs川越南B
posted by ホリウチ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31347394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。