2007年02月17日

horilog的観戦記−埼玉栄vs正智深谷

■MATCH-4■
U-17県トップリーグ 決勝トーナメント 準決勝
埼玉栄高等学校 1−0 正智深谷高等学校
会場:駒場スタジアムサブグラウンド


埼玉栄vs正智深谷@

プリンスまであと2勝、今日は正智深谷と対戦しました。

試合は栄が9番→10番→7番とつなぎ、
7番の中央突破から最後は11番が押し込んで先制する。

しかし、試合を通して正智深谷ペース。度々攻め込まれる展開が続く。
そしてピンチを迎えるも栄GKのファインセーブで逃れる。
栄は何度か決定的チャンスを迎えるも決められない。
何とか栄が守りきって決勝進出を決めました。

今日の試合は栄としては内容はあまり良くなかった。負けてもおかしくなかった。
それでも辛抱強く守って勝利に結びつけるところはやっぱり強いのかなって思った。

埼玉栄vs正智深谷A

決勝の相手はマーティンの母校でもある浦和東
新人戦の対戦時には3−0で勝利しているものの、浦和東は予選から無失点できて
得点もしっかり奪って勝利しているのでいるので侮れない。

栄としては先制点を早い時間帯で奪ってカウンターから
追加点を効率よく決める展開になれば勝てるんじゃないかなと思います。

あと1勝でプリンス、是非出場してほしいね!
posted by ホリウチ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33892046
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。