2007年02月18日

horilog的観戦記−埼玉栄vs浦和東

■MATCH-5■
U-17県トップリーグ 決勝
埼玉栄高等学校 0−1 浦和東高等学校
会場:駒場スタジアムサブグラウンド


埼玉栄vs浦和東B

プリンスまであと1勝となった埼玉栄。
今日の相手はプリンス5年連続出場をはたしている浦和東。
新人戦では勝利したが、実力のあるチームなので侮れない。

前半の早い時間帯、
浦和東のコーナーキックを栄DFは一旦はクリアするものの、
再び中に入れられこれを合わせられて先制されてしまう。

その後、浦和東はゾーンで守りスペースを与えない守備を敷く。
パスサッカーが持ち味の栄にとって一番やりにくい戦術。
後ろではつなげるものの敵自陣に入ると素早いプレスから
ボールを奪われなかなか持ち味が出せない。

埼玉栄vs浦和東C

後半も栄はフィニッシュまでなかなか持ち込むことが出来ない。
逆にカウンターから何度か危ない場面を作られてしまう。
最後はDFの選手を上げパーワープレーを試みるが、
浦和東DFを最後まで崩すことが出来ず試合終了。

最後の最後で敗れてしまいプリンス出場の夢は叶わぬもに…

埼玉栄vs浦和東D

今日の試合は浦和東の作戦勝ちだと思う。
あれだけ引かれてしまうといくら栄といえども持ち味が出せない。

後は試合前の練習から声も浦和東の方が出ていたし、
試合中もなんだか栄からしたらアウエーの感じがした。
そして何より浦和東程のレベルのチームがあれだけ引いて守備重視の
サッカーをするということはそれ程勝ちたかったということ。
今日は勝ちたいという気持ちの面で負けてたと思う。

まぁプリンスには出れませんが、この後は関東大会があるので頑張ってほしい。

無得点の惜敗 今後の糧に
http://www.saitama-np.co.jp/news02/19/05s.html
posted by ホリウチ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34036878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。