2007年03月21日

horilog的観戦記−東京ヴvsセ大阪

■MATCH-10■
2007 J-LEAGUE DIVISION2 第4節
東京ヴェルディ1969 2−0 セレッソ大阪
会場:味の素スタジアム


今期味スタでの開幕戦となった今日の試合。
僕にとっては昨年9月の山形戦以来の味スタでした。

相手がセレッソということでにあやかる色々なイベントもありました。
僕はてっきり桜餅だと思っていました。桜飴だとは・・・

で、相手のセレッソですが、
色々な意味でJ2クオリティーに慣れるのが早すぎですよ!

試合ではリトリートをとってきたセレッソ。
その結果終始ヴェルディは横パス横パスの悪循環だった。
前線の動きが全然足りないし、中盤の運動量も足りなかった。

やっぱり試合の流れが変わったのは敵が退場者を出してからですね。
あれで向こうの守備は集中がきれた感じがしました。
フッキのPK、船越のゴールで2−0で完勝!

内容としては全然ダメですよ。
でもこういう苦しい試合展開でも勝利をもぎ取れるのが今のヴェルディ。
一試合空くのでゆっくり休んで次の山形戦に臨んで欲しい。

ただ今日は金を払って見るような試合ではないですけどね(^_^)

セ大阪戦 監督会見
http://www.verdy.co.jp/news/hottopics/?cmd=DispNews&news_id=500

得点シーン
☆1点目:http://www.youtube.com/watch?v=axpEBquxhBg
☆2点目:http://www.youtube.com/watch?v=4d_00gmBQrE
posted by ホリウチ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

horilog的観戦記−仙台vs東京ヴ

■MATCH-9■
2007 J-LEAGUE DIVISION2 第3節
ベガルタ仙台 2−2 東京ヴェルディ1969
会場:ユアテックスタジアム仙台


仙台vs東京ヴ@

やって来ました、杜の都、仙台、ユアテックスタジアム

仙台vs東京ヴA

噂どおりやっぱり良い雰囲気のスタジアム。
傾斜もバツグンでかなり試合も見やすかったです。
サッカー専用で、屋根があって、駅からも近くて、言うことなしです!

バスで6時間かけて7時についてしまい暇だったのでずっとサッカーしていました。
足がやばかったですね(笑)開場してからは幕張りなどで大忙し。

そして仙台といえばもちろん牛タンということで
スタジアムに売っていた牛タン料理を早速購入。

仙台vs東京ヴB

牛タン味噌煮込み。お値段は400円。美味です。
この日スタジアムはとても寒かったので、今日のような日には最高ですね。
他にも牛タン丼とか牛タンカレーとか売っていました。

仙台vs東京ヴD

仙台サポーター。雰囲気が物凄くありました。
メインもゴール裏もバックも全員がサポーターって感じがした。
日本の中でも最高のサポーターだと思います。

http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=175893

仙台vs東京ヴC

相手の仙台はここまでヴェルディと同じ2連勝。
勝った方が単独首位になるのは言うまでもなくそれ以上に
勝てば勢いのつく試合となるのでアウエーだが絶対に勝利したい。

仙台vs東京ヴE

前半はヴェルディの良さがあまり出なかった。
運動量も少なく、中盤でのパスミスからピンチを招くことも。
仙台に完璧に崩された形で先制点を許してしまう。
後半にもDFが競り負けてしまい痛い2点目を許してしまう。

昨年ならここから大量失点していただろう。しかし、今年のヴェルディは違った

2失点目の直後にルイスのヘッドで1点差にすると
フッキの個人技から同点に追いつき試合終了。
苦しい試合でもなんとか勝点1を得る形となった。

何とか勝点1を持って帰れてよかったです。
しかし、この勝点1も次の試合勝利しなければ何の意味の無いものに成ってしまう
次ホームでしっかり勝利しまた連勝していってほしいですね。

バスの中ではフッキコールで沸いていたスタジアムとは対照的に
静かな時間が続きました。
そして22時頃東京に着き、解散しました。

仙台戦 監督会見
http://www.verdy.co.jp/news/hottopics/?cmd=DispNews&news_id=496

得点シーン
☆1点目:http://www.youtube.com/watch?v=-DVMjOEv2BQ
☆2点目:http://www.youtube.com/watch?v=QX5YNoKMO3g
posted by ホリウチ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

horilog的観戦記−なでしこvsメキシコ

■MATCH-8■
FIFA 女子ワールドカップ中国2007 予選 プレーオフ(第1戦)
なでしこジャパン 2−0 メキシコ女子代表
会場:国立霞ヶ丘陸上競技場


なでしこvsメキシコ@

今日は友人からチケットを貰ったのでなでしこジャパンの試合を見に行きました。

相手はメキシコ女子代表。
前回もプレーオフで対戦しており、そのときはなでしこが勝利しています。
自分たちのサッカーが出来れば勝てる相手です。

なでしこvsメキシコA

前半から大野、荒川の両FWがDFの裏へ何度も狙っていく。
そしてサイドから攻撃を組み立て試合のペースを掴む。
しかし、不用意にボールを取られてしまいそこからピンチに。
1vs1の場面であったがGKがファインセーブ。

前半38分、左サイドの宇津木のクロスを澤が頭で合わせて先制する。
終始なでしこペースで後半へ。

なでしこvsメキシコB

後半はメキシコ女子代表が攻勢をかける。
クロスバーに当たるシーンもあったりと今日のなでしこにはツキもありました。
後半25分には左サイドから澤がクロスを上げ宮間が頭で合わせて2点目。
試合はそのまま終了し2−0で勝利を収めた。

今日はGKの福本が良く頑張ったと思います。飛び出して危ない場面もありましたが・・・

なでしこvsメキシコC

プレーオフということでホームでは絶対に失点をやらないこと、
そして負けないことが絶対条件の試合でした。
それを両方を見事にやってのけた選手は立派です。

しかし、今のなでしこには個人で局面を打開できる選手がいない。
集団で組織を作ったり攻撃を組み立てることは出来るが、
攻撃の時1vs1で勝負する機会が少なかったような気がする。
拮抗している試合だと局面局面で個人の能力が重要とされてくるから。
posted by ホリウチ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

horilog的観戦記−東京ヴvs専修大

■MATCH-7■
練習試合
東京ヴェルディ1969 2−2 専修大学
会場:クラブハウス人工芝グラウンド(ジュベニール)


昨日開幕戦を出場しなかった選手を中心にしたメンバーで
専修大学との練習試合が行われました。

スタメンは以下の通り
GK:吉原(柴崎)
DF:海本(宮坂)、一柳、キローラン、園田(三原)
MF:金澤、泰成(納谷)、新村、柴崎晃
FW:飯尾、納谷(山本)

東京ヴvs専修大@

強風の影響もあってかヴェルディはなかなか攻撃のリズムが掴めない。
そんな中、セットプレーから専修大に先制点を許してしまう。

ヴェルディも徐々にボールを回せるようになり、
泰成が一人で左サイドを突破しシュート。
キーパーが弾いた所を飯尾が押し込んで同点に追いつく。

東京ヴvs専修大A

後半もヴェルディが試合を支配し、
柴崎晃が一人で持ち込んでこれを落ち着いて決めて逆転する。
しかし、その後専修大に同点に追いつかれると度々危ない場面を迎える。
専修大は決める所で決めきれず試合終了。

試合は2−2で終了。まぁ練習試合って感じでしたね。
posted by ホリウチ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

horilog的観戦記−東京ヴvs草津

■MATCH-6■
2007 J-LEAGUE DIVISION2 第1節
東京ヴェルディ1969 5−0 ザスパ草津
会場:国立霞ヶ丘陸上競技場


東京ヴvs草津@

昨日開幕したJリーグ、ヴェルディもいよいよ開幕戦を迎えました。
48試合の1試合には代わりがないけれど、
最初に勝つのと負けるのでは全然違いますからね。
昨年一度も負けなかった草津相手にきっちり勝利したいところ。

東京ヴvs草津A

草津のサポーター。
アウエーにもかかわらず多くの人が来ていました。
声量も凄かったです。ヴェルディも見習わなくては。

東京ヴvs草津B

試合は開始早々にフッキの折り返しを船越が押し込んで先制。
その後は共にらしい攻撃を見せて前半は終了。

後半、フッキの豪快なFKで2点目。中盤を支配し草津に全く攻撃をさせない。
CKからバウルが押し込んで3点目、永井の折り返しをディエゴが合わせて4点目。
最後は平のパスを受けたフッキがDFをかわし落ち着いて流し込んで5点目。
守備も最後まで無失点に抑えて5−0で開幕戦を勝利した。

東京ヴvs草津D

今日は確かに5点取って勝ってそれはそれで嬉しいけれど、
それよりも失点ゼロの方が僕は嬉しい。
草津相手にシュートを4本しか打たせなかった。
中盤から厳しく守備をし、ピンチの場面をバウルを中心に体を投げ出して守った。
その結果が今日の成果だと思います。

東京ヴvs草津E

しかし、点差だけ見ると快勝のように見えるが、
内容はどっちに転んでもおかしくなかったと思う。
義成が最初のピンチを防いだことやフッキのFKでのゴールが
この点差につながったと思います。

そしてこの勝利を喜ぶのは今日まで。明日からは次節へ切り替えていってほしい。

東京ヴvs草津C

観客も1万いって、全緑疾走タオルもよい感じに働いたし。
開幕戦は言うことなしの勝利でした。

草津戦 監督会見
http://www.verdy.co.jp/news/hottopics/?cmd=DispNews&news_id=483

得点シーン
☆1点目:http://www.youtube.com/watch?v=_aKykdrqAtc
☆2点目:http://www.youtube.com/watch?v=bQQhJj0SoIg
☆3点目:http://www.youtube.com/watch?v=itObWKDKtcQ
☆4点目:http://www.youtube.com/watch?v=RChy6prFXlo
☆5点目:http://www.youtube.com/watch?v=_fvUIUqkTrw
posted by ホリウチ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

horilog的観戦記−埼玉栄vs浦和東

■MATCH-5■
U-17県トップリーグ 決勝
埼玉栄高等学校 0−1 浦和東高等学校
会場:駒場スタジアムサブグラウンド


埼玉栄vs浦和東B

プリンスまであと1勝となった埼玉栄。
今日の相手はプリンス5年連続出場をはたしている浦和東。
新人戦では勝利したが、実力のあるチームなので侮れない。

前半の早い時間帯、
浦和東のコーナーキックを栄DFは一旦はクリアするものの、
再び中に入れられこれを合わせられて先制されてしまう。

その後、浦和東はゾーンで守りスペースを与えない守備を敷く。
パスサッカーが持ち味の栄にとって一番やりにくい戦術。
後ろではつなげるものの敵自陣に入ると素早いプレスから
ボールを奪われなかなか持ち味が出せない。

埼玉栄vs浦和東C

後半も栄はフィニッシュまでなかなか持ち込むことが出来ない。
逆にカウンターから何度か危ない場面を作られてしまう。
最後はDFの選手を上げパーワープレーを試みるが、
浦和東DFを最後まで崩すことが出来ず試合終了。

最後の最後で敗れてしまいプリンス出場の夢は叶わぬもに…

埼玉栄vs浦和東D

今日の試合は浦和東の作戦勝ちだと思う。
あれだけ引かれてしまうといくら栄といえども持ち味が出せない。

後は試合前の練習から声も浦和東の方が出ていたし、
試合中もなんだか栄からしたらアウエーの感じがした。
そして何より浦和東程のレベルのチームがあれだけ引いて守備重視の
サッカーをするということはそれ程勝ちたかったということ。
今日は勝ちたいという気持ちの面で負けてたと思う。

まぁプリンスには出れませんが、この後は関東大会があるので頑張ってほしい。

無得点の惜敗 今後の糧に
http://www.saitama-np.co.jp/news02/19/05s.html
posted by ホリウチ at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

horilog的観戦記−埼玉栄vs正智深谷

■MATCH-4■
U-17県トップリーグ 決勝トーナメント 準決勝
埼玉栄高等学校 1−0 正智深谷高等学校
会場:駒場スタジアムサブグラウンド


埼玉栄vs正智深谷@

プリンスまであと2勝、今日は正智深谷と対戦しました。

試合は栄が9番→10番→7番とつなぎ、
7番の中央突破から最後は11番が押し込んで先制する。

しかし、試合を通して正智深谷ペース。度々攻め込まれる展開が続く。
そしてピンチを迎えるも栄GKのファインセーブで逃れる。
栄は何度か決定的チャンスを迎えるも決められない。
何とか栄が守りきって決勝進出を決めました。

今日の試合は栄としては内容はあまり良くなかった。負けてもおかしくなかった。
それでも辛抱強く守って勝利に結びつけるところはやっぱり強いのかなって思った。

埼玉栄vs正智深谷A

決勝の相手はマーティンの母校でもある浦和東
新人戦の対戦時には3−0で勝利しているものの、浦和東は予選から無失点できて
得点もしっかり奪って勝利しているのでいるので侮れない。

栄としては先制点を早い時間帯で奪ってカウンターから
追加点を効率よく決める展開になれば勝てるんじゃないかなと思います。

あと1勝でプリンス、是非出場してほしいね!
posted by ホリウチ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

horilog的観戦記−市立浦和vs埼玉栄

■MATCH-3■
U-17県トップリーグ 予選 A組 第3戦
市立浦和高等学校 0−3 埼玉栄高等学校
会場:駒場スタジアムサブグラウンド


市立浦和vs埼玉栄@

プリンス出場がかかる大会の県トップリーグも予選最終戦。

大宮ユースと伊奈学園の結果から2点差以上で市立浦和に勝たないと
予選敗退が決まってしまう埼玉栄。

前半から攻勢に出て積極的に攻撃を仕掛けるのは埼玉栄。
その中でカウンターから7番がシュートを決めて先制。
幸先よく先制点を挙げる。

その後FKの場面で敵DFのクリアがオウンゴールに。
その他にも何本かチャンスがあったが決めきれずに前半終了。

市立浦和vs埼玉栄A

3点差以上で勝てば首位通過になるので攻撃をしかけるが、
敵が一人退場して10人になってからは疲労もあってかプレーもちぐはぐに。

このまま終わるかと思われたロスタイム。
敵のFKをクリアした栄がカウンターを仕掛ける。
左サイドを崩してクロスをあげて最後は4番が押し込み価値ある3点目が入る。

その後すぐに試合終了。
逆転で伊奈学園を抜いて首位通過となった。
優勝候補だった大宮アルディージャユースは予選敗退に。

市立浦和vs埼玉栄B

決勝Tでの準決勝の相手は正智深谷。
ラグビーで有名な高校ですが、今年はサッカーも強いみたいです。
武南、西武台相手に善戦しているので侮れません。

それでもプリンス出場が少し現実のものへとなってきたような気がします。
posted by ホリウチ at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

horilog的観戦記−浦和東vs埼玉栄

■MATCH-2■
埼玉県高校サッカー新人大会 決勝トーナメント 準決勝
浦和東高等学校 0−3 埼玉栄高等学校
会場:西武台高校第2グラウンド


浦和東vs埼玉栄@

新人戦もいよいよ佳境。今日は準決勝が行われた。

弟のチームの埼玉栄の対戦相手は優勝候補の浦和東高校。
支部予選からの出場だが、実力は誰もが認めるチーム。
難しい試合になることは間違いなかった。

前半開始5分頃、右サイドからのクロスを埼玉栄が繋いで
最後は8番がループ気味のシュートを決めて早い時間帯に先制する。
展開も良かったし、何よりシュートが素晴らしかった。

浦和東の攻勢に耐えた埼玉栄はCKから6番が頭で合わせて2-0。
その直後にも裏に抜け出した7番が浦和東守備陣の連携ミスをついて3-0。

後半も3点のリードがあるので余裕すら感じさせるプレーが見られた。
浦和東は最後まで埼玉栄DFを崩せず試合終了。3-0で浦和東を下し決勝進出を決めた。

浦和東vs埼玉栄A

決勝の相手は延長の末に大宮東を破った武南。

今思うと昨年の総体予選
あと1分守りきれば全国ってところでその夢をうち砕いたのは武南でした。
会場もその時と同じ駒場スタジアムと何だか因縁めいたものを感じます。

武南に勝って創部以来初の埼玉1を獲得してほしいです!
posted by ホリウチ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

horilog的観戦記−埼玉栄vs川越南

■MATCH-1■
埼玉県高校サッカー新人大会 県中央リーグ B組 第3節
埼玉栄高等学校 3−0 川越南高等学校
会場:西武台高校第2グラウンド


埼玉栄vs川越南@

選手権が終わってからまだわずがだが、新チームの戦いは既に始まっています。
今日は弟の試合を見に行きました。

対戦相手は川越南。
グループの中でも最下位のチームに勝ち点3は是が非でも取りたい。
弟は今日も左SBでスタメン出場。

試合は埼玉栄が試合を支配し、サイド攻撃から得点を奪う。
川越南はゴール前まで運ぶが最後のところで精度が合わない。
後半にも埼玉栄は2点を追加して3−0で勝利。

この結果、西武台、市立浦和を押さえて首位で予選リーグを終えた。

埼玉栄vs川越南A

埼玉栄は非常に一人一人の技術が高い印象を受けた。
野洲高校の「セクシーフットボール」を彷彿とさせるようなプレー。
そしてサイドからの分厚い攻撃は脅威でした。

対する川越南はフィジカルの強い印象。
しかし、技術がそれに伴っていないので最後の所の精度が悪かった。

弟は結局フル出場。
しかも終了間際には右SBのクロスを頭で合わせて3点目を挙げた。
初めて弟のゴールを見ました(笑)

新人戦もこれからが本番。
強豪と呼ばれる浦和東、武南を倒さない限り優勝はない。
優勝すればプリンスにも出れる。両チームとも頑張ってほしい。

埼玉栄vs川越南B
posted by ホリウチ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | horilog的観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。